ダイエットの悩みと改善

なぜ太る?/漢方の考え方

一般的に太る原因は摂取したカロリーより消費したカロリーが多いことです。 また年齢とともに基礎代謝が下がるので若い頃と同じ量を食べても太ります。
漢方は心やからだ全体が密接につながっていると考えるので、様々な原因が重なり合うと考えています。

太る原因~漢方の考え方

  • カロリー過多
  • 基礎代謝の低下(中年の方に多い)
  • 運動不足
  • 人間関係や仕事などのストレス
  • 胃腸が健康 (同じ量を食べても太りやすい)
  • 男女による違い

女性の場合は更年期になるとホルモンが減少して太るケースがあります。さらに高齢者になると内臓の働きが低下することにより肥満になる場合もあります。

隠れ肥満

2008年アメリカで米国人の半分以上は体脂肪率が高いというレポートが出されました。
この後体脂肪計つきの体重計が普及して体脂肪を気にする人が増え、正常体重肥満、いわゆる隠れ肥満という言葉が知られるようになりました。
隠れ肥満は正常体重でいながら体脂肪率が30%以上の場合をさします。
25~30%パーセントなら隠れ肥満の傾向と判定されます。
隠れ肥満は心臓病になりやすいため食事や運動などに気をつけることが大切です。

食事

低脂肪・低カロリーの食事、中でも和食なら比較的穏やかなカロリー制限でも良い結果が得られます。

運動

からだを動かすことを習慣にすることも大切です。

ダイエットサプリの口コミ体験

ダイエットサプリ口コミランキング

リバウンドしないダイエット