肌荒れとお肌の乾燥

乾燥肌と肌荒れのスキンケア

東洋医学からみる乾燥肌・肌荒れ

東洋医学からみると肌荒れ、乾燥などお肌のトラブルの多くは、皮膚への血液や水分の供給が不足しお肌が乾燥したり栄養不足になっておこると考えられます。
肌にはよく血液がかよってさまざまな栄養をはこぶこと、豊富な水分でうるおすことが大切なわけです。
スキンケアというと肌しか見ないことになりがちですが、 からだの内がわとつながっている血液やリンパの流れがいいこと、また血液にのせて必要な栄養をはこび不要物を取り去りデトックスするからだの力が必要なのです。
美容は健康とよくいわれるのはそのことを指しています。
スキンケアによる経皮吸収のほかに、わたしたちの肌やからだは食べたり飲んだものでできていることを忘れないようにしたいものです。
食事や飲料のほかにサプリメントやハーブティーなど健康をサポートするものすべてでできています。

皮下に熱がこもって炎症をおこし皮膚が厚くなる場合もあります。当初炎症のように見えても、しだいに慢性化して肌荒れになるケースもあります。
炎症をおこさないようスキンケアのときに肌に化粧品をすりこまないことが大事です。洗顔できれいにしようとゴシゴシこすらないことも。
そういう癖がつかないようにしたいものです。
いっぽうで肌をいたわるようにするすると天然のオイルなどでからだの気になる部分をマッサージすると一日の疲れが取れやすくなったりします。
一般的なスキンケアのほかに、内臓を含むからだの健康をはかり皮膚の内側から改善していくサプリメントで対処する方法もあります。

お肌を潤すサプリメント

プラセンタ美容サプリメントランキング