クコの実・葉

クコの実・葉

クコ

クコはどの部分もからだによく効く成分が含まれています。
漢方ではクコは内臓に働きかけて体内のバランスをとり血圧を安定させると考えられています。
クコはナス科の植物で夏に薄紫色の花をつけ秋に真っ赤な実をつけます。身近に目にする落葉小木です。

クコの保存

秋になったクコの実、ほかに葉や根の皮も、摘んだら天日で乾燥させることで長期間食することができます。
保存中は風通しの良いところにつるしておきます。乾燥させたクコの実は水につけてもどすことでいつでも利用できます。

クコの実の利用法

クコの実入り野菜炒め

野菜炒めの中に軽く一握り入れるだけで甘みが出て薬膳になります。

クコの実のアルコール漬け

お酒をたしなむ方にはお勧めです。
赤い大粒のクコの実150グラム、氷砂糖やはちみつ150グラム、焼酎やウォッカなどの強いアルコール1000ccを密閉容器に入れておくと1~2ヶ月で飲めるようになります。
就寝前にさかずき1パイ分くらい飲むと効果があります。

クコの根の皮・葉の利用法

クコの根の皮にはほのかな香りがあります。また甘みがあり後味に苦味があります。

クコ茶

クコの根の皮と葉は煎じてお茶として飲めます。
クコの葉はフライパンで炒めるとほうじ茶のような香りが出てきます。
1000ccの水に炒った葉や根の皮を一握り入れ15~20分煮出すと、ホットでもアイスでもおいしいクコ茶が飲めます。
カフェインを含みませんから就寝前にも飲用できます。
ほかのサプリメントや薬を服用しつつ毎日お茶として飲用すると治りづらい高血圧の治療の近道になります。
高血圧を下げるサプリ
トクホで高血圧対策