アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

人生初のギックリ腰になった「3日安静その後できる範囲で動く」

      2018/12/02

人生初のギックリ腰になりました。

「3回ギックリ腰やった」の投稿をSNSで見て
「ギックリ腰ってどんなんだろ?」と思った翌朝、

突然激しい痛みが!

まさかのギックリ腰!!

前日ちょっと興味がわいたのは事実ですが(不謹慎ですみません)、早速経験するとは思ってもみませんでした。

記事参考:「診療ガイドライン」、NHK健康番組

そういえば予兆があった

あー、あれが原因だと、そういえば思い当たる節が。

前日のパソコン。

左に重心かけて座るクセ。

夕方いやな感じがしたんですが、我慢して座っていたのがいけませんでした。

横になりスマホでギックリ腰の原因を調べてみました。

ギックリ腰の原因

  1. 筋肉
  2. 背骨の周りの軟骨
  3. 椎間板のトラブル

今まで腰痛の原因とされてきた椎間板ヘルニアは、15%しかいないそうです。

ほとんどが筋肉や骨の痛みで、画像に映らないため、
原因の85%は不明」(特定できない)と今では言われるようになっているそうです。

わたしの場合、「筋肉」が原因で、骨は痛くありません。

筋肉って、こんなに痛くなるんですね。

筋肉疲労しか体験したことがないわたしには初めてでした。

中腰は痛みますから腰を伸ばすほうがいいこともわかりました。

 

ギックリ腰の対処法「動きながら治す」

続いてギックリ腰の治し方を調べました。

今でも整体師さんの中には即通院を勧める方もあるようですが、

時間の経過とともに痛みが弱まっていくことが多いため、
動きながら治す」という考えが主流のようです。

 

ギックリ腰の経過

  1. 安静にするのは3日くらいまで
  2. 3日目以降・・痛みの範囲で「動きながら」治す
  3. 1週間後・・痛みはかなり軽減
  4. 1か月以内で完治

※「診療ガイドライン」と、NHKの健康番組からまとめました。

多くの研究で、3日以上安静にした人のほうが、ふだん通り動いた人よりも、その後の経過が悪いことが分かったそうです。

安静にするのは2~3日で、その後は動ける範囲で動くといいようです。

 

わたしの場合は3日も安静にできませんでした。

食品の買い出しで重いものをもったり、用事で外出したりで
痛みがふつうより長引いてしまったかも。

でも前向きに考えていれば治るとわかったのであまり心配はしませんでした。

ぎっくり腰の治療には「治る」と前向きに考えることが重要なのだそうです。

 

ぎっくり腰の予防・再発をふせぐ

腰痛は自分でコントロールできる」ということが世界的に、今いわれているそうです。

不安や心配をもたないほうが治りが早いのです。

はんたいに、ぎっくり腰の初期段階で「どうなるのだろう?」「いつ治るのか?」という不安や恐怖が強まると、何年にもわたり痛みや障害を抱えることにつながります。

これを「認知行動療法」とよび、世界的にその効果が認められているそうです。

 

ぎっくり腰から慢性腰痛になってしまうのは、これだったんですね。

わたしは通院しませんでしたが、もし通院するなら「自信を持って動きましょう」と勇気づけてくれるお医者さんや整体師さんにかかると良さそうです。

「病は気から」とはよく言ったものです。

 

ぎっくり腰で気づいたこと

ほんとうはここで終わろうとしたんですが、
今回ぎっくり腰になって気づいたことがあります。

一つは「原因を正す」。

座る姿勢がわるいと気づいていながら直さなかったツケがきたと思っています。

もう一つは「痛みは、からだからのサイン」。

痛みはイヤなものですが、重篤になる前に体がサインを出してくれていると感じました。

重心を左に傾けて座るクセ。困ったこのクセを改めようと、今もパソコンを打ちながら重心を戻しています。笑

ここで直すことでちょっとずつ健康の階段を昇っていければと思います。

【追記】ぎっくり腰10日目

その後の経過を追記しますね。

痛みは直後よりは軽くなっていますが、一直線にどんどん軽減されるわけでなく、一進一退を繰り返しました。

どんなときに良くなり、どんなときに悪くなるかは、こちら。

悪化したとき

  • 前日横になり安静にしている時間が長かった。

良くなったとき

  • 前日掃除したり買い物に行ったり、痛みをかばいながらもそこそこ動いた

意外にも横になって過ごした日の翌日は痛みがひどくなりました。

買い物は平気でしたが、重いと翌日痛みがひどくなったので、自転車で軽めの買い物を繰り返すようにしました。

店内でキャスターつきの買い物かごを使いました。今日は大丈夫だと思ってもやはり翌日が違います。

文中にあるように、痛みの範囲で動くと少しずつ痛みが軽減されていくことがよく分かりました。

【さらに追記】ぎっくり腰20日目

ぎっくり腰になって20日たちました。

10日目頃は痛みがぶり返すことがあって、本当に治るのか心配になることもありましたが、
20日たつと、痛みはほとんどなく、あっても弱いのであまり気になりません。

わたしの場合は、ほうっておいて治るか確かめたかったので通院しませんでしたが、
聞いたところによると腕のいい鍼灸師さんがいるそうで、鍼(ハリ)を打ってもらって一日でギックリ腰が治ったそうです。すごいですね。

その鍼灸師さんは評判をよび、今度一等地に引っ越すのだとか。

すぐに治したい方はそういう鍼灸院に行くと一回で治ることは本当にあるようです。ご参考までに。

【追記3回目】ぎっくり腰30日目

30日たつと、ギックリ腰だったことを忘れています。笑

治ってよかったと思うと同時に、せっかく今回ギックリ腰に教えてもらった座りグセをこれからきちんと直していこうと思います。

 - 腰痛・肩こり