アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

風邪を一日で治す方法「翌日にはスッキリ治る」お医者さんがやってる治し方

      2018/11/13

鼻水が出る。
喉が痛い。
あれっ?風邪ひいたかなというとき、一日で治す方法があります。

あるお医者さんがいつもやっている「風邪の治し方」をYoutubeで語っていました。

参考:精神科医樺沢紫苑youtube

1.身体を温める

カゼのウイルスは高温に弱く、37度を超えると活動がにぶるそうです。

風邪かなと思ったら、まず体を温めましょう

身体をあたためると免疫力が高まります。

体温が一度上がると免疫力5倍ともいわれています。

 

首周りにカイロを貼る

どうやって体を温めるかというと、カイロを使います。

首の辺りにカイロを貼ると、ほどよく効率的に身体を温められます。

用意するのは2枚のカイロ。

  1. 首の下、デコルテに一枚。
  2. もう一枚は首の後ろに。(首を動かすのに支障がない位置)

もっとしっかり温めたい方は、3枚目のカイロをタオルに貼って首に巻いてください。

喉や鼻周りの上気道でウイルスが繁殖していますから
ここを重点的に温めることで風邪を治していきます。

首周りにはリンパ系、胸腺、扁桃など免疫系のシステムが集中しています。
ここを温めることで免疫システムを活用することにつながります。

また首周りは太い血管が走っていますので、ここがあたたまると全身が温まり体温を上げることができます。

2.ぐっすり寝る

温かくしたらグッスリ眠りましょう。

ある研究によると、睡眠不足になると3倍風邪をひきやすいそうです。

つまり睡眠不足のときは免疫力が低下しているのです。

寝不足になると風邪を引きやすいので、普段からできるだけ眠るようにしたいものです。

ちなみに寝不足とは6時間以下です。
(話が長くなるのでここでは割愛しますが、寝不足が続くと風邪だけでなくさまざまな病気の誘因になるそうです。)

一日7~8時間眠るようにしたいですね。

3.ほかにもできること

ここまででも十分ですが、ほかにもできることがあります。

服を着込こむ

室温を上げる

風邪薬ですと、漢方薬の葛根湯は体を内部から温めるので「非常におすすめ」だそうです。

風邪の炎症によってビタミンCが不足しないよう、ビタミンCをとったり、ビタミンCの吸収を高めるビタミンEを補充することもいいようです。

 

翌日スッキリ風邪が治る

この3つをやると、翌日にはスッキリ風邪が治っているそうです!

もし翌日も風邪がのこっていたら、カイロ2枚を貼り葛根湯をもって出勤してくださいとのことです。

温め続けることで風邪をなおしていけるそうです。

ホッとして、ゆっくり休もう

ここに紹介した方法は、風邪のひき始めに治す方法です。

風邪がひどくなってからでは治すのに日数がかかってしまうのでご注意を。

やはり、ひき始めが肝心ですね。

ちなみに「休むのは良くない」とか、風邪引いても「頑張らないと」とか、罪悪感みたいなのがあると、ゆっくり休めません

布団のなかで安心して、ホッとすると、心も体もゆるんでよく休めます。

温かくしてゆっくり休んでくださいね。

 - 健康管理