アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

歯が疼くなら歯周病かも!歯周病を防ぐワンタフトブラシ使ってますか?

      2018/12/08

  • 歯ぐきが下がってきた(歯が伸びた)
  • 歯が疼く(うずく)
  • 歯が浮くような感覚がある

わたしも覚えがあるのですが、そうなったら歯周病かもしれませんね。

歯茎が下がると、歯が伸びたように見えます。

歯磨きしてるのに虫歯になったり歯周病になるのは、あなたが努力を怠ったからでなく、単純に歯ブラシのせいかもしれません。

アマゾンで高評価だった歯科医師の本を読んでみました。

※写真の本「歯はみがいてはいけない」はちょっとセンセーショナルな題名ですが、この形の歯ブラシではダメですよ、の意味です。念のため。

歯周病と虫歯の原因は「歯垢」

虫歯になるのは、歯につまった食べかすが原因ではなく、ネバネバした「歯垢」のほうだそうです。(取らないとやがて固くなり歯石になる。)

食べかすが虫歯を作るのかとばかり思っていましたが、違うんですねー。

そして歯垢の正体は細菌だそうです。

細菌が増える → 歯垢 → 虫歯・歯周病

悪さをしていたのは細菌だったんです。

歯ブラシでは3割しか歯垢がとれない

日本では歯ブラシに歯磨きクリームをつけて磨くのが一般的ですが、
歯医者さんによると、これだと歯垢の3割しか落とせないのだそうです。

なぜなら、あのかたちの歯ブラシでは、歯と歯のすき間まで届かないから。

歯の形はカーブしていますから、平らな歯ブラシを歯につけても、奥にある歯垢を落とせないんでしょうね。

ところが正しい歯ブラシで磨けば、95%も歯垢が取れるそうです!

ワンタフトブラシを使おう

そこで歯医者さんたちが口をそろえてオススメしているのがこのワンタフトブラシです。

これを縦にもち、歯の間、歯の根元(根元が凹んでいることがある)を磨きます。

それと歯間ブラシフロスで歯の横面を磨いて終了。

欧米ではワンタフトブラシとフロスで磨くのが一般的なんだそうです。

テレビドラマにも出てくる日常の光景だとか。

歯を磨いているのに虫歯になるのは、先進国のなかでも日本だけなんだそうです。歯周病もしかり。

それって悲しいですよねぇ~。

そろそろワンタフトブラシと歯間ブラシ(またはフロス)、始めてみませんか?

 

歯医者さんに行くのは残り5%の歯垢を落としに行くだけにすれば、
虫歯とも歯周病ともサヨナラできます。

歯周病で歯が抜けることもなくなって、一生自分の歯でご飯が食べられますね。

歯周病をふせぐ歯のエイジングケアをざっとご紹介しましたので、詳しいことはまた記事にしていこうと思います。

本のなかで歯医者さんがおすすめしているワンタフトブラシはこちら。



参考図書

「あなたの人生を変えるスウェーデン式歯みがき」梅田龍弘

「歯周病が3日でよくなる除菌歯みがき健康法」梅田龍弘

「歯は、みがいてはいけない」森 昭



 - 歯のエイジングケア