アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

肌が乾燥するのはセラミド不足!化粧水つけても水飲んでも乾燥する理由

   

わたしは”超”乾燥肌でした。

年齢とともに乾燥すると化粧品の説明に書いてあるから、

乾燥する冬だから、

仕方ないんだと思っていました。

水やお茶をタップリ飲み

化粧水を重ね付けし

部屋が乾かないよう、洗濯物吊るしたりお湯沸かしたり。(カビが気になって加湿器使えない笑)

それでもお肌は乾燥する・・。

これ、すべて的はずれだったと後でわかりました。

肌が乾燥する根本原因がちゃんとあったんです。

空気が乾燥しても健康な肌は乾燥しない

「空気がいくら乾いていても

健康な肌は乾燥しない」そうです。

皮膚科医の先生たちはテレビや本で繰り返しそう述べています。

たった0.2ミリ、サランラップほどの薄さの角質層は

死んだ細胞にもかかわらず

つねに20%の水分をキープすることができるという

驚異のメカニズムをもちます。

皮膚科医が”神秘的”ともいうのもうなずけます。

なぜそんなことができるか、まだ解明されていません

そのおかげでわたしたちは砂漠に行っても干からびないし

南極に行っても凍らずに済むのです(水は南極で凍るけど、肌の水分は凍らない)。

お肌が乾燥するのはセラミド不足

ではなぜお肌が乾燥するかと言うと、

ズバリ言って、セラミドが不足しているからです。

セラミドは水と油を内包する、とてもすぐれた保湿成分です。

体内でセラミドを作り出す量は、

年令とともに減っていきます。

加齢で肌が乾燥するというのはそういうわけなのです。

加齢もしくはクレンジングしすぎ → セラミドが減る → 乾燥肌

つまり、年齢を重ねたからといって必ず乾燥肌になるわけではないのです。

化粧品でセラミドを補っていれば、お肌を乾燥から守ることができます。

クレンジングしすぎもセラミドが流れ出てしまうそうなので、

そちらも注意したいところですね。

乾燥に負けない肌は自分でつくれる

乾燥肌でも化粧水をタップリつけると潤ったように感じます。

でもそれは一時的な保湿だそうです。しかし、

乾燥した部屋にも耐えうる、底力のある肌は自分でつくれます。

化粧水はできればセラミド配合のものを

さらに言うなら、美容液かクリームのような濃度の高いセラミド化粧品を使うと
より早く乾燥肌から卒業できるのではないかと思います。

どんな化粧品がいいのか?というのは実は一人ひとり違っていて

試してみなければわからない」そうです。

皮膚科医のドクターたちは自分の肌に合う化粧品を試すことを強くおすすめしています。

乾燥からお肌を守るために、そこはお金をかけてほしいそうです。

化粧品のトライアルセットは、いろいろありますので

これからも紹介していきますね。

ご参考になさってみてください。

 - アンチエイジング