アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

アレルギーの対策-掃除機がけと布団干し

      2016/05/05

アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくなどのアレルギーに悩む人は増えています。

アレルギーの原因は大きく分けて3種類ありますが、中でも気温が上がりすごしやすい季節になると、ダニやカビが増えて活発に動き出しますので、これらを原因とするアレルギーの対策を講じたいところです。

niten-setumei2

このようなアレルギーの症状を軽減したり、アレルギーにかかっていない人が発症を防ぐために役立つことがあります。

ダニ対策でアレルギーを軽減・予防

ダニの種類は数万種ともいわれますが、私たちの生活で身近なのがチリダニです。チリダニは人を刺さないのでかゆくなることはないのですが、死骸やフンも含めアレルギー症状の原因になります。

人を刺すのはツメダニで、ツメダニはチリダニを餌にして増えますから、チリダニを増やさないよう対策するのが効果的です。

チリダニ対策は掃除機かけと布団干し

チリダニは湿度が高く(60~80%)、人やペットのふけ・あかなどの餌がある場所を好みます。

部屋の掃除機がけ

ダニを駆除し餌となるものを除去するために、部屋を掃除機がけすることがとても有効です。

粘着テープをまいたローラーは便利ですが、大きなごみは取れてもじゅうたんやソファの奥にいるダニには届きませんので注意が必要です。

じゅうたんや畳には、掃除機をできるだけこまめにかけるといいでしょう。ただ掃除機の場合でも、ダニは奥に潜り込んでしまうことがあるので、軽く表面をなぞるだけでは効果が薄い場合があります。

ゆっくりとノズルを動かして吸わせるのがポイントです。

寝具を干したり洗う

布団や毛布もダニが潜むことがありますから対策を立てたいところです。

  • 丸洗いをする。

とれにくいダニの死骸やフンまでほとんど除去が可能。

  • 日に干す。

日に当てればダニが死滅するわけではありませんが、布団が乾燥するのでダニが増えるのを防ぎます。干した後、掃除機をゆっくりかけるとさらに効果的です。

シーツや枕カバーもできだけこまめに洗濯するといいでしょう。

ただ、ダニはどんなに除去してもゼロにはできません。
アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリアー機能が低下したことが原因の一つとされていますので、入浴後などに保湿剤をぬるスキンケアが大切です。

 - 敏感肌