アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

スポーツ苦手でもストレッチもランニングもできるようになる

      2016/05/05

スポーツ苦手でもランニングもできるようになる

ランニングが苦しい、ストレッチがうまくできない。子どものころ運動が苦手だったから無理なのかな?

答えは一つ。「ちゃんとできるようになります。」

HF054_L

わたしは運動が大の苦手。ン十年もスポーツをしてきませんでした。

思い切って始めたものの最初のころランニングは数歩で足が止まる(ろくに走ったことない)、ストレッチのポーズがまったくできない(あちこち痛くてポーズどころじゃない)。

そんなわたしでもある程度できるようになって、おかげで今は健康の恩恵を受けはじめています。

体育の成績と関係ないみたい

わたしは体育の成績はいつも振るわない子どもでした。

かけっこはビリ。水泳も逆上がりも跳び箱も思い出すだけで気分が落ち込みます(._.)

体育の授業で運動ニガテ意識がしっかり出来上がりました。

それでも大人になってちゃんとできるようになります。からだを動かすと楽になることを知ると、思うように動くようになります。

これが大事なのだと思います。

思うこと、イメージする力

人間のイメージ力ってすごいので、苦手意識があると到底できません。イメージは思ったことを現実にする力です。

「スポーツをして健康になりたい」と思うのもイメージです。「最初はできなかったんだよね~」といって楽しくこなしている様子をイメージできるのであればそうなります。

イメージできることは現実化します。

鉄の塊が空を飛ぶなんてありえないと言われながら飛行機をつくり、「ありえない」を言われながらロケットを作って月にまで行きました。

人が思うことからすべてが始まります。

ストレッチのポーズが難しくても、ランニングで走れなくても、いつかできるようになりたいと思って続けてみてください。

半年後、見違えるようになっていると思います。

 

 - 身体(からだ)のエイジングケア