アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

胃腸を整え体調維持-腸がもつ免疫機能

      2016/05/06

胃腸が弱ると免疫が低下してしまう

暑い季節はつい冷たいものが欲しくなりますが、体調を守るには暑くても1日一回は温かい食事をとるようにしたいものです。

胃腸などの消化器、特に『小腸』は体の免疫機能をつかさどると言われています。

消化器が弱ると体の免疫力の低下を招き、健康を損ないやすくなります。

これは中国医学で古くからいわれている「未病」、病気の一歩手前の状態です。
日頃から未病を防ぐよう心がけて健康を維持したいものです。

暑さでダメージを受ける胃や小腸などの消化器官を温かい食べ物で守る意味はここにあります。

暑い日の食欲低下を防ぐ方法

体力が消耗する夏は食欲が低下してしまいがち。
固形物を食べるのがおっくうになったときは、スープにすると口当たりよく食べることができます。野菜や豆腐・白身魚など入れればあっさりとし、栄養をうまく摂取できます。

冷房で建物の中と外の寒暖の差が激しいとからだに水分がたまり、むくんでしまうことも。むくみには体から余分な水分を排出する利尿効果が高い食材を。

温かい食べものが体の機能を維持してくれますので、まずはこのあたりから始めて夏バテを防ぎましょう。

 - 胃腸