アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

ストレスや外部刺激による敏感肌を癒すケア

      2018/10/02

肌が痒くなったりかぶれる敏感肌。
若い頃平気だったのに年とともに敏感肌になることも多いです。

外部刺激やストレスによって肌の角質がみだれてしまうと、神経が表層までのびてしまいます。
これによってカユミを感じるので、肌に合ったケアをしていきたいですね。

kakusituosou

夜お布団に入ってから肌がかくなったり、日焼け止めでかぶれたり。

乾燥肌から敏感肌になることもあります。

敏感肌になったらまずはゆっくり休むところから

敏感肌はからだからのサインです。異変が起きているよ~と。

サインをキャッチして、からだを休ませてあげることから始めましょう。そうして肌を守っている角質層をととのえていきます。

まずはゆっくり入浴してリラックス。それとたっぷり熟睡。
寝不足が続くと肌の再生がうまくいかなくなることがあります。

寝つきがわるかったり熟睡できないなら、枕や寝具が合ってるか調べたり、朝カーテンを開けて朝日を浴び体内時計をリセットするようにしましょう。

 

天然繊維、とくに綿や絹など、適度な水分を含み肌ざわりがいい衣類を着用したいものです。

痒みが出るなら、洗剤や石鹸、シャンプーを肌にやさしいものに見直すのも有効です。

 

敏感肌になったら食べたい物

食事は鮮度のいい、いのちがある野菜や果物が特におすすめです。

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s-300x200

植物がもっている酵素の働きはすばらしいものがあります。
ただ熱を加えると生きものである酵素は死んでしまいますので、生のサラダや漬けもの、果物を一日一回でも食べていただきたいです。

もちろん熱を加えた献立も美味しいですね。皮膚の抵抗力を高めるといわれる栄養素もいいのですが、それらを凌駕(りょうが)するチカラが生きている酵素にはあります。

発芽玄米も酵素がたっぷりでです。玄米は一晩水につけて多めの水で炊くだででふっくら美味しくなります。

自分に意識を向けて、心と身体をいたわることをやってみましょう!

 

敏感肌におすすめの化粧品

そして化粧品。

まず痒みの原因となっている化粧品を見直してみるといいかもしれません。

どれが原因かわからないとき、ファンデーションや下地クリームなら顔の一部だけぬってテストするのもいいですね。

スキンケアはできるだけシンプルにしてみます。これなら大丈夫という化粧水で1日数回保湿する方法もあります。

 

化粧水とオーガニックオイルだけにしたり、オールインワンやクレイ洗顔料を使う方法もあります。

エイジングケア用の化粧品はストレスによる敏感肌にも対応しているものが多いので、そういうものから選ぶのもいいと思います。

こちらのディセンシア(DECENCIA)のアヤナスは敏感肌におすすめの化粧品です。

ポーラR&M研究所で開発され、ポーラの工場で生産された化粧品です。

肌なじみいいテクスチャーでアルコールも入っておらずこれだけ保湿するのはさすがだと思います。

 

特許をとった成分が膜(ヴェール)をつくり外部刺激から肌を守ります。
肌のうちがわでは角質を再生し細胞の配列をきれいにととのえ外部刺激に強い肌にしていきます。

アヤナスは前年の2倍ずつ売り上げが伸びてるくらい人気急上昇中です。

アヤナスの公式ページはこちら

敏感肌にハリ肌「パンっ!」 decencia

 - 敏感肌