アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

体組成計の使い方と正しい測り方~iPhoneとつながる体組成計

      2016/07/19

体組成計に乗るだけで体重はもちろん、体脂肪率や内臓脂肪のレベル、筋肉や骨の量、基礎代謝量までわかります。体組成計は統計的な方法も使ってこれらの数値を計算して出しています。

HT024_L

正確な数値を出せるように、体組成計を作っている会社はサンプル調査をしっかりとおこなっています。調査の対象を広げているので最近はお子さんの数値も正確に出せるようになりました。

子供の場合サッカーの練習など運動のし過ぎによって筋肉が減ってしまうことがありますが、体組成計で筋肉量を測れば予防できるので、少年スポーツ団体が測定をすすめています。

体組成計の正しい測り方

体組成計は体重計の一種で、これに乗るだけで体重や体脂肪率のほか、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、推定骨量などがわかります。

足の裏から体に微弱な電流を流して電気抵抗値を測り、多種のデータを組み合わせて得られた数式に当てはめて体脂肪率を推定して出しています。

一日に取る水分の量や時間は、この電気抵抗値に影響を与えることがあるので、できれば一日の決まった時間に測ることでより正確な数値を知ることができます。



体の水分の量と分布が一番安定しているのは、夕方の食事前ですのでこの時間に測ることがもっとも望ましいといえます。それが難しければ、入浴前など測りやすい時間帯を決めてしまうのでも良いと思います。

 

タニタ食堂で有名な健康機器メーカー「タニタ」の体組成計は使いやすくておすすめです。

乗るだけで電源が入り、乗った人を自動で識別する自動認識機能がついています。

5人分の個人データが登録でき、家族や友達みんなで使えます。ゲストモードで1回だけの測定も可能です。

大型表示で立ったままでも良く見えます。

iPhoneアプリでデータ管理のできる体組成計

BluetoothR通信で、iPhone・Androidスマホで、アプリへデータを通信して測定データが管理できます。

医療機関で使われているプロフェッショナルな体組成計に近い計測が可能になっています。

2つの周波数で測定を行うことで実現した高精度な体組成計です。

 

タニタ公式ページはこちら

iPhoneアプリでデータ管理のできる体組成計

過去記事はこちら

体組成計で筋肉と骨の量を維持する

 - 健康管理