アンチエイジングの星

今ここから始めるエイジングケア!

胃によい食事とは-胃とハートの密接な関係

      2016/05/05

胃の働きと消化

胃のかたちは、よく絵やイラストで見るように、「J」の形をしています。お腹がすいているときは小さいのですが、食べ物が入ると大きくなります。

胃の動きと胃液によって、食べ物がこなれていきます。胃の消化酵素はたんぱく質を分解し、胃酸は口から入った細菌などを攻撃します。

胃は水やアルコール分をわずかに吸収する程度で、ほとんどの吸収は腸でおこなわれます。

消化には時間がかかる

食べ物によって異なりますが、およそ数時間は胃にとどまって消化されます。食べたあとしばらく胃は働き続けていますので、よく噛んで食べると胃の働きを助けることになります。

炭酸水と適量アルコールは胃を助ける

炭酸水と適量のアルコールは胃の運動・働きを助けます。反対に、たばこは胃の働きを抑えるので、食事しながら喫煙すると胃に負担がかかってしまいます。

年齢とともに胃酸が減る

年を重ねるにつれ胃酸は微妙に減っていきますので、次第に脂っこいものが食べにくくなります。

胃とハートの密接な関係

胃酸の分泌を減らし胃の働きを弱めるもの

  • 嫌いな食べ物・におい・人
  • 緊張する食事(重要な会食など)

心理的なことが胃の働きに大きく影響します。
好きな人と、好きな物を、ゆっくり、よく噛んで食べるのが、一番胃に良い食事だといえます。

 

 - 胃腸